TOPモールと独立型の違い>ネットショップの出店場所について
モールと独立型の違い

ネットショップの出店場所について

ショッピングモールと独自ネットショップ

ネットショップを開業するためには、当然ですが、まずお店を作らなければいけません。

お店を作る時、実店舗同様まずはどこに出店するかを選ぶことが重要です。
実店舗だと、表参道ヒルズやミッドタウンのような大型ショッピングモールに出店するか、おしゃれな構えで独自のお店を作り、街で評判のお店を作るか考えますよね。
ネットショップも同じです。
あなたが扱っている商品・予算等々を考えながら、最も販売に適した出店形態を選択しましょう。

ネットショップの出店形態は、「ショッピングモール」「独立型ネットショップ」の大きく2つに分けられます。

ショッピングモールにするか、独自ショップにするかの選択基準

街角に店舗を出すか、デパートや商店街にテナントで入るか、の違いだと思ってください。
街角よりデパートのテナントの方が当然、出店料は高くなります。
デパートや商店街は人通りも多く、黙っていても顧客は集まってきます。しかしどの店も同じような店構えで特徴はなく、目にとまりにくくなります。
街角に出した店舗は人通りが少ないので、チラシを配ったりクチコミで固定客をつないでいく必要があります。しかし、お店の独自性を出しやすいので顧客に覚えてもらいやすく、リピーターとしてまた来て貰える確率も高くなります。

どちらが向いているかは、個々のケースによって違いますが、独自性のある商材を扱っている場合にはモールで高いテナント料を払って、さらに売上げマージンまで取られるよりは、独自ショップを持って顧客を獲得していく方が良いでしょう。
薄利多売な商材の場合には、モールでより安くより多く売るという手法が向いています。

もちろん、余裕があれば独自ショップも持ちつつ、モールにも出店するというのがベストです。

「ショッピングモール」「独立型ネットショップ」の利点、欠点を見てみましょう。
ショッピングモール 独立型ネットショップ
このページTOPへ