TOPモールと独立型の違い>ショッピングモールの特徴
モールと独立型の違い

ショッピングモールの特徴

主なショッピングモール

モール名 運営団体 特徴  
楽天市場 楽天運営 ショッピングモールのさきがけで国内最大手。 出店手続き
Yahoo!ショッピング Yahoo! JAPAN運営 「初期費用」「毎月の固定費」 「売上ロイヤルティ」が無料(一部有料)。 出店手続き
DeNAショッピング DeNA運営 国内最大級のアクセス数を誇る「モバゲー」公式の総合ショッピングサイト。 出店手続き
amazon Amazon運営 家電から、ファッション、食品、ベビー用品まで5000万点以上の商品を扱う。 出店手続き

ショッピングモールの利点

モール自体の集客力を活かせます。

独自にショップを開いた場合、認知度が低いので集客が大変ですが、YAHOOや楽天のように多数のユーザーを抱えるショッピングモールでは商品を見つけてもらいやすいという利点があります。

ECサイト構築の初期コストがかかりません。

独自にサイトを開く場合には独自ドメインの取得やレンタルサーバ費用などが必要ですが、ショッピングモールの場合間借りする形になるので、それらが不要です。また、モールで用意された機能だけでもショップ構築が可能なので、デザインなどにこだわらなければ制作費がかかりません。
※デザインにこだわる場合やカスタマイズしたい場合は専門の業者に依頼する必要があります。

カートの使い勝手がすぐれています。

毎月高い出店料を払うだけあって、機能的には使いやすく、すぐれたシステムを持ったモールが多いです。

ショップとして必要な機能はすべて揃っています。

会員機能・メルマガの発行など、ショップとしてアクティブに動くための機能が揃っています。

ショッピングモールの欠点

顧客情報を取得することが出来ません

モールの顧客情報は個々の店舗で取得することは出来ません。モールの契約を解除すると今までのお客様もすべて失うことになります。

外部リンクを張ることが出来ません。

オリジナルショップを持っていても、モール内から自分のサイトにリンクを張ることは出来ません。

お店の独自性が出しにくいです。

同じシステムにのっかって店舗ページや商品ページが作成されるので、独自性を出しにくくなります。

月あたりのランニングコストが高額です。

多くのモールでは売上の一部をモール運営者に手数料として支払う契約になっています。売上が大きくなると手数料の%も下がるのですが、売上が少ないうちは手数料の割合も高くなります。

出店料に加えて売上の一部を支払う必要があります。

多くのモールでは売上の一部をモール運営者に手数料として支払う契約になっています。売上が大きくなると手数料の%も下がるのですが、売上が少ないうちは手数料の割合も高くなります。

独自性のない商品は安売り合戦になる傾向があります。

多数の店舗の同一商品を一覧して見られるため、顧客から見ると値段比較が一目瞭然となり、結局は一番安くしないと買ってもらえないので、赤字覚悟の目玉商品を用意して他の商品を一緒に買ってくれることを期待するという方法をとらざるを得ません。
このページTOPへ