TOPモールと独立型の違い>独立型ネットショップの特徴
モールと独立型の違い

独立型ネットショップの特徴

独立型ネットショップの開き方

独自ショップを開くには、まずカート付きのレンタルサーバを借りる必要があります。
※独自にカートを作成してSSL証明書を取得する方法もありますが、よほどの大手でない限り採算が合わないので、ここでは省きます。

次に、カートの仕様に合わせてホームページを作成します。
オリジナリテイの高いホームページにカートへのリンクだけつけて利用する方法もあれば、カートで用意された機能を活用して管理画面から作成する方法もあります。商材の特徴に応じて使い分けるといいでしょう。

独立型ネットショップの利点

顧客情報を蓄積することが出来ます。

ネットショップの一番の財産は顧客情報です。メルマガを発行したり、製品情報をお届けしたり、半永久的にお客様とつながることが出来ます。

お店の独自性を出すことが出来ます。

ショップテンプレートに添って作成するだけでなく、オリジナルなホームページを作成してカートだけ利用するという方法もあるので、デザイン性のこだわる商材の場合、思い通りのショップ展開が可能になります。

月あたりのランニングコストはレンタルサーバ料金のみ。

カートによっては月あたり1000円程度でショップ運営出来るプランもあります。まずはランニングコストをかけずに始めてみたいという方には独自ショップがお薦めです。

独立型ネットショップの欠点

開店前の手間がかかります。

レンタルサーバの契約、カートの選定など、初期段階で準備することが多く、ショップのデザインも考えなければなりません。テンプレート利用で簡単に開設出来るカートもありますので、どのように作りたいかを十分検討する必要があります。

集客のための努力が必要です。

単独でお店を出しているわけですから、モールのように何もしなくても見て来てくれる人がいるわけではありません。SEO対策やリスティング広告を効果的に使って集客に努めなければなりません。

モールに比べると使い勝手や機能面が劣ります。

モールのように手取り足取りというわけにはいきません。また、カートによって機能も様々なのでどこを選べばいいのか迷うことも多くなります。

ショッピングカートについて

ショッピングカートを用意しているレンタルサーバはたくさんあります。カートの機能も多種多様なので、自店にとって必要な機能を備えたカートを選ぶ必要があります。特に希望がなく一般的なカートで良い場合には価格の安いところを選ぶのが良いでしょう。 カートの比較はこちら
このページTOPへ